チャットレディに出会いを求めている勘違い客

ラインIDやスマホアドレスを聞いてくる男性のパターンとは

ライブチャットサイトでチャットレディをやっていたりすると、リピートしてくれている男性ユーザーの人が、メールアドレスなどを聞いてきたりします。

ラインの交換してくださいとか、ストレートな連絡先を聞いてきます。

この記事では、チャットレディによくある、出会い目的のユーザーの対処法や断り方や返信してはいけないメール分などを紹介しているので、是非参考にして、あなたのこれからのチャットライフに役立ててください。

完全に出会いのサイトだと勘違いしている

チャットサイトには、チャットレディとの会話を楽しむことよりも、リアルな出会いを求めている男性ユーザー一定数います

マッチングサイトでもないのに、勘違いして出会いができるサイトだと思っている男性がある程度いるのです。

チャットレディのサイトを出会い系サイトだと完全に思い違いをして参加している男性客が意外なほど多いです。

そのため、チャットレディの音声通話がはじまってすぐとか、チャットにログインしてすぐに、スマホのメールアドレス教えてくださいとか聞いてきたりするのです。

ですが男性ユーザーがすべて悪いというわけではなく、チャットサイトを紹介しているウェブサイトの紹介の仕方も悪いといわれています。

そのウェブサイトというのは、主にアフィリエイトをやって紹介料をもらっているので、出会いができると宣伝して男性を登録させることによってお金を稼いでいるのです。

なので、そういうウェブメディアを目にした男性は、このサイトに登録すれば、簡単に女性と出会えるんだと勘違いして、出会えませんかなどの誘いのメールをチャットレディの女性に送ってしまったりするんです。

上記のような流れがあるからこそ、そういう男性はチャットサイトに登録して、チャットレディにメールを送って、いきなり出会えませんか?などと聞いてしまうのです。

こういったウェブサイトを介さなくても、ほんとに出会いを探して登録している男性もいるかもしれませんが、ほとんどは、こういった一部の悪質サイトのせいで、出会い目的の男性客が増えてしまっているというのが現状です。

出会い系サイトと思っている男性客の行動

ここからは私が実際に体験したエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディ初心者の人も、すでにチャトレとして活躍していて、男性ユーザーから連絡先を聞かれた経験を持っている人もぜひお読みいただければと思います。

つきあってほしいなどとのたまう男性

チャットがはじまるなりものの数分以内に、彼女になってくれませんか?といきなり聞いてくる男性ユーザーは多くいます。

こういったことを聞いてくる男性ユーザーというのは、チャットレディ側の女性も彼氏を募集していると思っている節があって、どんな彼氏が希望ですか?なんてことも聞いてきたりします。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ライン交換してくださいとどしょっぱつから聞いてくる人

チャットレディに出会い目的でメールをよこす男性客というのは、このラインを聞いてくるパターンというのが一番多いですね。

ラインやってませんか?といって、自分のラインIDを添付して送りつけてくる男性もいるくらいです。

ライン交換や直接アドレスなどを交換したがる男性というのは、あまりポイントを消費したがらないケチな男性が多いので、音声通話やテレビ電話をかけてまで連絡先を聞いてくるということはありません。

いきなり連絡先交換のお誘いをしておいて、こちらがだめだというと、そこから音信不通になったりするので、あまり気にしないようにしましょう。

いきなりお誘いのメールを送ってきて、音信不通になるような相手を、相手にしていたらきりがないですし、心がやんでくると思うので、気にせず他の男性とのチャットを楽しみながら稼いでいきましょう。

メールでラインなどの交換を要求してくる男性はかなり多いです。

私の場合はすぐにお断りしているのですが、すごい人になると、思わせぶりな態度をみせて、何十回もメールのやりとりをしてしまう猛者もいるといいます。

陰部を見せればいいと思っている男性

自分の大きなムスコをみせれば、女性が好きになってくれると本気で勘違いしている男性は多いです。

いきなり自分の勃起させたあそこを送りつけ来てほんとに好かれると思っているのでしょうか。女性からしたら、甚だ理解に困ります…。

男性器をみせつけることにより、女性からの支持がえら得ると、連絡先を交換してくれてデートしてくれてセックスしてくれるかもしれないと本気で思っている男性が世の中にいるのも笑える話ですw。

勃起したあそこの画像を送ってくる時点でメルアドなんて教えるわけもありませんし、そもそもライブチャットは出会いの場ではないので、勘違いしている男性も気づいてほしいですよね。チャットレディとしては、こういう男性ですら手玉にとって、チャット報酬を伸ばしていくことが最善だと思います♪

会えるのが前提になっている男性客

チャットレディをしていて、何回かチャットをしていると、会えるかのような質問をしてくる男性がいます。たとえば、セックスの時は攻める方がすき?とかです。

こういう会いたがっている男性も、うまいこと転がしていって、報酬をのばしていけるのが、チャットレディとしてあるべき姿だと思いますが、中には、こういうあざといテクニックをしたがらない女性がいるでしょう。

男性を上手に手のひらの上で転がしていけば、うまく稼いでいけますが、男性を転がすことが心理的に抵抗感がある女性もいると思いますから、それはひとそれぞれだと思います。苦手な人は稼げるからといってやる必要もないと思います。

下心モロだしの男性客

アダルト行為というのは本来はチャットをしてくれているという対価で見せるものですが、なかにはケチな男性もいて、自分だけに動画を投稿してくれなどと調子のいいことをいってくる人もいるので気をつけましょう。

たとえば、そういう要求をしてくる男性に、自撮りのアダルト動画を送ったとしても、満足して、テレビ電話を次からやってくれるかと思いきや、もっと要求してくるようになるので、最初から相手にしない方がいいと思います。

チャットレディは自分の肌を露出させて、脱いで男性を喜ばせている訳ですから、それなりの報酬がもらえなければ、損を被るだけなので、気をつけましょう!

セックスが前提になっている男性客

ライブチャットサイトに出会い目的で登録している男性というのは、最初からチャットをする気がないので、好みの女性すべてに誘いのメールを送ったりしています。

チャットサイトでなぜ出会いが実現出来ると思っているのか甚だわかりませんが、もう完全にチャットサイトは女性と出会えるものだと勘違いしているので、なにをいっても聞きません。

日本には有名な出会い系サイトやマッチングアプリがいくらでもあるのに、チャットレディと出会おうとしているのは、勘違いしているからに他ならないのです。

チャトレがやると危ないこととは

ここからは、ライブチャットサイトにおいてチャットレディが、男性客に対してやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

以外に気兼ねなくやっているチャットレディも散見されますが、初心者の方は危険なのでやらないでください。

会ってしまわないように

チャットを介したバーチャルな世界ではなく、物理世界であってしまったことがあるというチャットレディの話をブログなどでたまに目にしますが、これは危険な行為に該当すると思います。

実際にあってしまったらどういう素性の男性かわからないですし、チャットレディの何よりのメリットは物理的な接触を避けて安全に男性と交流してお金を稼げるところの最大のメリットがなくなってしまいます。

チャットレディとしてお話をしているとどうしても仲良くなってしまいますが、それはお仕事として会話をしているのであって、友達や彼氏ではないので、線引きをきっちり引いておいたほうがいいでしょう。

直アドは教えないように

チャットレディとしては、チャットサイトを介してやりとりをするからこそ、報酬になるのであって、個人的にプライベートでやりとりをしても稼げないのでやめておきましょう。

中にはしつこく直アドやライン交換をせがんでくる男性もいるかと思いますが、そういうときは、規約違反だということを伝えておきましょう。

会える前提で引き延ばさないこと

直接的な連絡先の交換以外にも、これから仲良くなったり、チャットをし続けてくれたら会えるかのような思わせぶりなのもよくありません。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

最近チャットレディの間で、使われているテクニックとしては、会うことを引き延ばすテクニックに、コロナが終わったら会おうというものです。

こういうことをいってうまいこと引き延ばしたとしても、女性はさらさら最初から会う気なんてない訳なので、男性をもてあそんでいるだけなので、法律違反ではありませんが、道徳的にどうかと思います。

男性も一人の人間ですし、そのチャットレディに恋心を抱いているかもしれません。そういう心を遊ぶというのはよくない行為といえるでしょう。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

アドレスやラインを聞いてくる客に対して、どういった返答をするのが一番いい対処法なのでしょうか。

以下に私が毎日使っているテクニックを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

チャットレディのスタッフに何か言われるからという

ライブチャットで男性の相手をして稼いでいる女性に、連絡先を聞いて会おうなんていう虫のいい男性には、嘘でもいいのでいいわけをつくっておけば当たり障りなくその場を納めることができます。

チャットしてくる男性もポイントがかさんでしまうので、連絡先を教えてくれなさそうな返信が帰ってくれば当然それ以上は聞いてこなくなります。

規約違反だから教えられないと言う

直接的なスマホのアドレスやラインのIDなどは、ライブチャットの規約違反であり、禁止事項です。ライブチャットサイトによってはばれたら退会させられるところもあります。

自分が直接ことわっているテイを出さない

ここまでに紹介した連絡先を聞いてくる男性への断り方というのは、チャットサイトなどのせいにできているということが最大のミソです。

チャットレディ自身が断っているわけじゃなく、第三者のチャットサイトや代理店のせいにすることによって、男性客からの恨みを避けることにもつながります。

スマホのアドレスやラインは教えてはいけません!

ライブチャットサイトの男性ユーザーは、チャットレディにライン交換などを持ちかけてくることがよくありますが、絶対に教えてはいけません。

チャットレディをやっている女性も、はじめてテレビ電話なりメールなりチャットなりをしてくる男性には教えないかもしれませんが、なんどもリピートしてくれているリピーターには教えてしまう可能性もありますよね。

ですが、チャットサイト以外の場所で男性客といくらやりとりをしてもお金が発生することはないので、正直言ってもったいないです!

ライブチャットでチャットレディとして稼働している女性の中で実際に直接ラインIDを交換して、リアル世界であってきたという話をたまに見聞きしますが、すべての人が善良な市民とも限りませんので、うかつにあわないことが最善手だと思います。

チャットレディに会いたいという男性は、実際にどんな意図をもって近づいてくるかわかったものではありません。

直接男性ユーザーと対面したとして、そのあとは家までつけられてストーカーになってしまう可能性もあります。

そもそものチャットレディの最大のメリットというのは、触れられないというバーチャル空間で安心安全にお仕事出来るからどんな女性でも働きやすいという環境がそろっているのです。

また、一人のチャットレディがそうやって、男性客と気軽にあったりしてしまうと、他のチャットレディにも被害が及びます。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

こういったチャットレディが一人いることにより、仕事が全体的にやりにくくなってしまうのです。

チャットレディは副業の中でもとくに稼ぎやすいですし、女性にしか出来ない副業なので、かなり優位な職業だと言われています。なので、ルールを守ってチャットレディ業界を盛り上げていきましょう♪

しつこく聞いてくる男性客は強制退室を使う

なんども直接アドレスやラインIDなどは規約違反で教えられないといっているのにもかかわらず聞いてくる男性客は、ライブチャットのブロックという機能を使ってブロックしてしまいましょう!

ライブチャットで、何時間もチャットしてくれたり、メールを何十通もしてくれる人ならまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろなんていってくるひとは、即ブロックしてもかまわないと思います!

チャトレの女性が直接のアドレスなどを教えてしまうと、チャットサイトからはその男性はメールを送ってきません。なぜならお金がかかってしまうからです。当然、無料であなたと連絡がとれる直接のアドレスの方にメールを送ってくることでしょう。

チャットレディの連絡先を手に入れた男性は、女性との連絡が無料なので、男性ユーザー自身はもうけもんですが、チャットレディ側には一銭も入りません。

ライブチャットの外でいくらやりとりしてもお金にならないので、チャトレ側からしたら損しかありません

チャトレ側の女性が男性客に連絡先を教えるというのは、プライバシー的にもよろしくありませんし、お金の面に関してもよろしくありませんね。

そもそも、ライブチャットにいる男性ユーザーというのはいくらでもいるので、しつこく連絡先をきいてくる男性をブロックすることに躊躇する必要もありません。

チャットレディと出会えると勘違いしているようないやなお客さんはブロックして、ちゃんとお金になるような相手とチャットをするべきなのです!それこそが稼ぎのアップにつながります!